安定した収入を得る

サラリーマン

昔は定期預金をしておけば資産は自然に増えたものです。
しかし今のような超低金利の時代は、銀行にお金を預けておいても資産は目減りするばかりです。
資産を増やすにはそれを運用する必要があります。
一般的な資産運用には株の投資や先物取引などがありますが、遊休地などを所有している人は不動産投資をするケースが多くなっています。
一般的な不動産投資としては駐車場経営、アパートやマンションの経営です。
アパートやマンションの場合はそれを建設するための費用となり、銀行などから融資を受けることになります。
アパートやマンションの経営は入居者が常に100パーセントを維持できれば、これほど安定した収入源はないのです。
銀行から借りた融資金も賃貸料で返済できますし、将来的には毎月の安定した収入として見込めます。
最近は遊休地を持っていない一般のサラリーマンの間でも、不動産投資をするケースが増えています。
土地がないのにどうやって不動産投資をするのかというと、マンションの一室を購入してそれを賃貸に回すのです。
最近のマンションは賃貸用にワンルームを揃えているところが多いので、その一つを購入するわけです。
頭金さえあれば、サラリーマンでもローンでワンルームを購入することができます。
頭金が少ないかゼロの場合でも中古のワンルームならローンを組むことができます。
そして購入したワンルームを賃貸として貸し出し、自分がそのワンルームの大家になるのです。
大家には毎月の賃料が入ってきますから、それをローンの支払いに回すのです。
そのようにすれば自分でローンを支払わなくてもいいわけです。
ローンを完済すれば、ワンルームは自分の資産になります。
つまり自分が持ち出しをしなくても、資産を増やすことができるというわけです。
今はこのようなサラリーマン大家が増えています。
空室になると賃料が入ってこないので、複数のワンルームを所有してリスクを減らすケースもあります。
入居率の良いワンルームを購入すれば安定的に収入を得られるので、今後も注目される不動産投資です。

オススメリンク

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー